価値が分からない古銭!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2018年04月20日

古銭を買取りしてもらう時の注意点

ハートを持つ老夫婦


家に有るいらない古銭は、そのまま持っていても使い道も無く、ただゴミになるだけです。

しかし古銭はその額面以上に価値があって、物によっては高く買い取ってもらえます。

捨てるくらいなら、古銭買取のお店に持って行けば、買取をしてもらえてお金にすることが出来ます。
ただ買取をしてくれると言っても、希少価値の有る物だけで、流通量が多い物は買取をしてもらえません。

古ければ古いほど、希少価値が高くなると思いがちですが、江戸時代のお金が全く価値が無くて、明治時代のお金が高く買取されたりします。古いよりも流通量の方が重要だからです。

買取に持ち込む場合は、銅銭だと買い取って貰えません。買い取って貰えるのは金貨か銀貨です。ただ銅銭でも、流通量が少なければ、希少価値がありますから、買取店に持って行く前にネットで調べてみると良いです。

紙幣も流通量が少ないのが買取をしてくれます。ただ紙幣の場合は、保存状態が良くないと買い取って貰えず、ボロボロになっていたら、買取はあきらめるしかないです。

古銭を買取りに持って行くときは、そのまま持って行くより汚れを落として持って行った方がいいです。

汚れを落とした方が、高く買い取ってくれます。洗剤で古銭を洗うのですが、洗剤は酸性やアルカリ性だと、古銭を痛めてしまう恐れがあります。金貨や銀貨は大丈夫だけど、銅銭の場合、変色してしまう恐れがあります。

なので、中性洗剤できれいに汚れを洗い流すことです。

持ち運ぶ時も、落としても大丈夫なように、頑丈な箱に入れるか、タオルにくるんで持ち運ぶと良いです。
せっかく傷が無い状態なのに、持ち運んでいる最中に傷が付いたら、価値が下がって買い取ってもらえなくなったりします。

紙幣の場合は、洗うようなことは出来ません。変に汚れを取ろうとして、逆に汚れが染み込んだら価値が下がりますから、表面をティッシュで軽く拭いて、埃をどかす感じで綺麗にして持って行くといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スピード買取.jp